ファンドを利用して投資で勝ち続ける

投資ファンドとは

これから投資を始めようとしている方の中には、効果的な資産運用を実践するためにいろいろリサーチしている方もいるでしょう。その際、「投資ファンド」という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。ファンドとは基金を集めるというのが元々の意味です。投資ファンドとは、投資家から集めたお金を特定先へ投資して、そこから得られた収益を分配する仕組みを言います。このスキームを利用すると、少額資金で規模の大きなものへ投資できるので、場合によっては高い収益を得られるでしょう。

投資ファンドは、公募型と私募型に大きく分けられます。前者は、個人、金融機関、年金基金をはじめ、不特定多数の方を対象に募集をかけるものです。多くの方が資産運用の際に活用する投資信託もこのタイプの投資ファンドに当たります。後者は、富裕層や企業を始めとする機関投資家などから個別に資金を集めるタイプの投資ファンドになります。相場を動かす要因としてよく耳にするヘッジファンドが代表的です。

その他、企業投資ファンドの注目度も高いと言えるでしょう。さまざまな企業の株式を取得しその価値を高めて売却する運用をしているプライベートエクイティファンド、経営難に陥った企業の再生を目指すファンドなども存在します。また、ベンチャー企業の創業時に育成を行ったり、資金援助をしたりする投資ファンドも少なくありません。投資ファンドと一口にいっても形態によって投資先やその方法が違うので、その点を理解しておきたいところですね。

投資ファンドと投資信託の違い

投資信託の商品のことをファンドと呼ばれる場合が少なくありません。それにより、投資ファンドと混同してしまう方もいるかもしれませんね。投資ファンドと投資信託はどのように違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

この2つの違いとしてまず、法律に従って資金を集めて投資をしなければならないか否かということがあげられます。投資ファンドの中には、法律の規制がない状態で運用されているものが少なくありません。これに対して投資信託の場合、「投資信託及び投資法人に関する法律」の規制に従って運用する必要があります。投資信託を購入すると必ず商品の詳細が記載されている目論見書が交付されますが、これは上記の法律で定められているためです。この金融商品は、監督省庁からの監督を受けており、その中で取り扱わなければなりません。また、集めた資金の管理方法にも違いがあります。投資ファンドの場合は、必ずしも分別管理されるわけではありません。集まった資金額がある程度大きくなると、信託銀行などで別に管理するようになりますが、少ない時は運用会社が直接管理します。一方、投資信託は、集めた資金を分別管理しなければならないと法律で定められているので、必ず信託銀行などで管理されるのです。

投資ファンドと投資信託はいくつかの違いがありますが、投資の専門家が代わりに運用してくれるという点では共通しています。そのため、どちらを活用しても自己裁量で投資するよりも安定的な利益を出しやすいと言えるでしょう。投資の初心者であれば、投資信託から始めてみて、ある程度慣れてきたら投資ファンドや信託型投資の活用を検討するのが理想的ですね。

投資ファンドのメリット

ファンドは投資の王道資産運用の一手段として考えられる投資ファンドを活用すると、どのようなメリットが得られるのか気になるところでしょう。まず、いろいろな種類があるので、自分の適した方法で資産の運用がしやすいことです。公開株式や公社債の他、未公開株式や不動産を投資対象としたファンドがあるので、その選択肢は豊富だと言えるでしょう。また、複数のファンドへ投資すれば、リスクの分散が可能となります。

それから、少額資金で投資を行えるので、お金にあまり余裕のない方でも無理なく始められるのもメリットです。投資ファンドは複数の投資家から集めた資金を投資にまわすので、一人が出資する投資資金は少額でも成り立ちます。数万円単位からの出資が可能なところも少なくないので、投資資金で悩むことは基本的にないと言ってよいでしょう。

堅実な運用を実現できる。これも投資ファンドの大きな特徴です。運用している顧問会社がお客さまから信用を得るには、何よりもその成績が重要になります。投資をする人の大半は、利益を出すことが目的だからです。各投資ファンドは少しでもよい運用成績を上げることを目指して事業活動を行っています。したがって、そのような機関へ運用をお願いすれば、自己裁量投資をするよりもよい結果が見込めるでしょう。初心者が自分の力だけで投資を行っても、なかなかよい結果に結びつきません。安定的な運用を実現できる投資ファンドの活用が早期成功の近道です。

ヘッジファンドとは

投資ファンドの中には比較的自由な形で運用を行っているのがヘッジファンドです。株式や社債などの債券だけではなく、金融派生商品にも目を向け、積極的な投資をするのが、この投資ファンドの特徴になります。投資信託を運用する場合、相場でトレンドが発生した時に利益が出るものが多いです。一方、ヘッジファンドはどのような相場でも利益を追求している投資スタイルなので、大きなリターンが望める反面、リスクもその分生じます。しかし、積極的な運用をする中で、リスクヘッジもはかっているので、無防備に投資しているわけではありません。相場が上がっても下がっても利益を得ることが可能な、ロングショート戦略がヘッジファンドの代表的な投資戦略です。

ヘッジファンドの投資手法は、他の投資商品と比較すると高度になります。そのため、これから投資を始めようとしている方が模範にするのはなかなか難しいでしょう。しかし、ヘッジファンドが投資する際に行っているリスクヘッジの考え方は参考になります。投資対象商品が相場の変動によって下落してしまった場合、少しでもその損失を抑える目的で行われるこの投資手法は、一般の方が資産運用する際にも欠かせません。ヘッジファンドからは、その具体的な投資手法よりも、リスクヘッジという考え方を参考にするとよいでしょう。

バランスファンドの活用

資産運用をする場合、投資信託の他にもいろいろな種類の投資ファンドを活用できます。その道の専門家が代わりに運用するので、効果的な投資が望めるのが魅力です。しかし、その一方で、あまり投資知識のない方は、理解しづらい面があるのもまた事実です。例えば、企業投資ファンドの説明を受けた場合、よくわからない方も多いのではないでしょうか。これから投資を始めようとしている初心者でもすぐわかるようなものへ投資したい。そのような思いを持っている方もいるかもしれませんね。

そのような場合、バランスファンドの活用が考えられます。これは国内外の株式や債券など、違う値動きをする複数の資産を組み合わせたファンドのことです。例え一つの資産の価値が大きく下がってしまったとしても、他の資産の価値が上がれば、その分リスクを抑えられます。このファンドは、利益を追求するのではなく、リスク分散をはかり安全性を重視して運用するものです。そのため、リスクも少ないので、初心者に適した投資対象だと言えるのではないでしょうか。資産配分も効果的にされているので、そのままお任せの状態で運用が可能です。また、一定期間投資をして、バランスファンドに含まれる各資産価値の割合が崩れた場合、自動でリバランスしてくれます。投資知識があまりなくても、運用していくのに問題ありません。このファンドを選択して、信託型の投資を行うとより負担が少なくなります。バランスファンドによる信託型の投資は、経験の少ない方に適した運用方法です。これから投資を始めようとしている方にとって、バランスファンドはぜひ抑えてほしいファンドですね。

<【ファンドを利用して投資で勝ち続ける】ファンドは投資の王道です>まとめ

1. ファンドは効果的に資金を増やす最適な投資
2. 投資信託よりアクティブな運用をする投資ファンド
3. 投資ファンドは自分の適した方法で資産の運用がしやすい
4. より高度な投資技術を駆使して利益を追求するヘッジファンド
5. 初めから効果的な資産配分がされているバランスファンド

投資では初心者が簡単に勝てるほど甘い世界ではありません。自分の力だけで投資に勝てるようになるには多くの経験と時間が必要です。しかし運用するだけの目的でしたら、何も自分で投資を行う必要はないのです。投資ファンドを利用すれば、初心者でもプロの運用が可能で、着実に資金を増やしていけます。あなたの投資目標に合った最適なファンドを選べば、十分な投資効果が期待できるのです。