投資で勝てない原因とは

投資の勝敗基準について

投資の世界では、勝ち組はわずか5%と言われています。言い換えれば95%の人は「負けている」という事になりますが、まず「負ける」という基準はどこにあるのでしょうか。一般的に言えば、「負け」=「損失」ですが、どうとも限りません。例えば月10万円の投資利益目標がある人にとっては、月5万円の利益では「負け」と判断するかもしれません。しかし投資の大切な考え方として、目標はあくまでも自分自身のものであって、「負け」=「損失」と考えた方が、投資は勝てるようになります。

これは「投資は利益を出すよりも、損失を出さない事が重要である」という投資の原則的な考え方があり、言い換えれば「マイナスにならなければ勝ち」とも言えます。利益が出なくて何が勝ちかと思われるかもしれませんが、「利益を出す事よりも、損失を限定する投資」を実践していれば、自然と投資は勝てるようになります。そのためにも【損切り】は大切ですし、投資ルールの厳守は必ずしなければならない事なのです。

また勝敗基準とは直接関係ありませんが、負ける事を当たり前と思ってはいけません。もちろん投資は勝率100%ではありませんので、負ける事もあります。特に初心者のうちは負けから始まると言っても過言ではありません。そのため多くの初心者向けの書籍や情報誌では、初心者のうちは負けて当たり前と書いている事が多いです。しかしだからと言って、「負けて当たり前」ではないのです。「負け」には「負けた」理由が必ずあります。負けは偶然ではなく必然ですので、その原因を解決しなければ次の「勝ち」につながりません。負けを当たり前と思った時点で勝ち組への道はシャットアウトされます。負ける事は当たり前ではなく、勝ちへの経験値と思う事が大切なのです。

分かっているができない事

投資で勝つためには【勝つためのアクション】が必要です。【勝つためのアクション】とは、勝つために必要な行動全てであり、【勝つためのアクション】をする事は、つまりは【負けるアクション】をしないという事になります。ところが投資で勝てない95%の人のほとんどが、この【負けるアクション】をわかっているのに出来ないのです。わかっているのに出来ないというのも不思議ですが、実は負ける原因の多くがこの理由なのです。

最も重要かつ必要なアクションが【資金管理】です。投資は元手の資金を効率よく増やす手段ですが、この「効率よく」と言う言葉を勘違いしている方が多いのです。効率よくとは、「計画的かつ有効に」と言う意味です。それを多くの負け組の方は「少ない資金で、かつレバレッジを効かせて」と言う意味と思っているのです。確かにそれが出来れば効率が良い事は確かですが、もう一つ、「効率的に」という言葉には「リスクを抑えて」と言う意味も含まれます。つまり勝ち組が行っている勝つアクションの一つ目の【資金管理】とは、①計画②有効③リスク管理の3つを実践するという事なのです。

そこで考えてみますと、負け組のほとんどの方が、①小資金②レバレッジ③ハイリスクの3つを実践していることが分かります。もちろんこれらが全て悪いというわけではありません。しかし使い方を間違っているのです。例えば小資金でも、積立式では有効に働きますし、レバレッジも正しく使えば有効な武器となります。すべては考え方と使い方なのですが、投資で勝てない方たちはそれも分かっていながら出来ないのです。

明確な目標・戦略の欠如

まず投資は目的ではなく手段です。投資をすること自体が趣味や楽しみであるなら別ですが、投資で利益を上げて、お金を稼ぐことが目的のはずです。しかしその目的がはっきりしていなければその先の目標も決まりませんし、具体的な戦略も立てられないはずです。しかしそれで投資はしているという事は、全くゴールの見えないマラソンをしているようなもので、途中で挫折するのは目に見えています。または無謀な投資をして市場から退場する羽目になってしまいます。

「いくらでもいいから稼げるだけ稼ぎたい!」これではまず具体的にどのような投資をしなければならないかが決まらず、戦略的な投資もできません。投資が計画的・戦略的でなければ、利益確定ラインや損切りラインも明確にならず、不安定な投資となってしまいます。この原因もほとんどの方はわかってはいるはずなのですが、行動が伴っていないのです。投資で勝つためには、「わかっている事は必ず実践する事」なのです。

周りに流される

投資で勝てない原因とは!?全く勉強もせず、自分なりの考えを持っていないため、いろいろな意見や情報に流されやすいのも投資で勝てない方に共通している原因です。勝ち組投資家は自分の型やスタイルを持っていて、結果を出していますので、その投資手法に対して自信を持っています。もちろん安易に人の意見や情報には流されませんし、採用する場合は十分に検討して実際の投資を行います。投資で大切なのは、一つの形やスタイルを徹底的に突き詰める事です。しかし負け組の投資家たちは、自分が今行っている投資に自信が持てないため、すぐに方向性を変えてしまったり、手法を乗り換えたりしてしまいます。これでは同じことの繰り返しで、いつまでたっても勝ちパターンが作れません。

どのような投資が合うかは人それぞれです。人に勧められた投資でも、それが自分にも合うのかと言えばそうとも限りません。ライフパターンも違えば、性格や資金量も異なります。自分に合う投資は自分にしか分からないのです。まずは本当に自分に合う投資を見つけ、それを実践し始めたら、投資手法に関する意見や情報はシャットアウトする事です。もちろん投資市場全体に関する情報は必要なので収集しますが、俗にいう「勝てる投資情報」には一切触れないようにする事です。

【投機】と【投資】の違いがあいまい

「投資で勝てない」と言う方の多くが、【投資】ではなく【投機】を行っています。どこから投機でどこまでが投資家と言われれば、別にはっきりとした基準はありませんが、1回のトレードで全資金の5%以上の損失の可能性がある場合は、投機レベルと言ってもいいかもしれません。もちろん資金量とリターンとの関係もありますので一概には言えませんが、例えば100万円の資金があれば、1回のトレードで5万円以上失う可能性があれば投機のレベルと言う事になります。

投資は継続しなければ意味がありません。投機を繰り返していれば必ず破たんします。そのためにも投資には計画性と有効性、資金管理の3つが大切ですとすでにお伝えしております。投資で負けるには必ず原因がある事もお伝えしました。もちろんあなたも十分わかっている事でしょう。しかし分かっていてもできないのです。それは決して気持ちだけの問題ではないのです。投資に対して「自信がない」だけなのです。自信がないから一度で大きな利益を期待してしまい、それが失敗して逆に大きな損失を出してしまうのです。

負ける人の特徴は、大きく負けてからコツコツとその穴埋めをしていく勝ち方で、トータルでは必ずマイナスになっています。投資は夢を見るものではなく、一刻一刻変化する現実をコツコツと積み重ねていくことで利益を膨らませていくものです。

それでも絶対に投資で負けたくない方へ

ここまでお伝えしてきたことは、もしかしたら全部分かっている事かもしれません。「わかっていてもできない。もう投資をやめようか。」そう考えてしまっている方もいるかもしれません。もちろんここまでお伝えしたことは出来れば実践して頂きたいのですが、ここまでお読み頂いた方にだけ、ある投資法をお教えしたいと思います。

私が今リアルタイムに行っている投資で、信託型投資ですので、もちろん資金を預けるだけで投資が出来ます。リスクもなく、安定した資金運用が出来ます。ここでいろいろと説明するよりも、まずはこの投資法の概要を確認してみて下さい。それで「やっぱり自分には合いそうもないな」と思えばそのままスルーして頂いて結構です。知っても損にはなりませんので、一度確認してみて下さい。

<【投資で勝てない理由はここにあった!】利益を出すよりも、損失を出さない重要性>まとめ

1. 投資では損失を出さない限り、資金が減る事はないのです
2. 誰もが分かっているのに出来ていない、投資で勝つための【アクション】とは!?
3. ただ「稼ぎたい」「勝ちたい」だけでは投資では勝てません
4. 投資で負ける人の最大の共通点は、【周りに流される事】です
5. 「投資」と「投機」の違いがあいまいな人は必ず負けます
6. 私が今現在も稼ぎ続けている投資法を教えます!

投資で「勝てない」と言っている人ほど、勝ち方からほど遠い手法を行っています。本当に投資で勝てる方法というのは、限られた勝ち組だけが知っているわけではなく、誰でも知っている簡単な方法なのです。しかし知っているにもかかわらず、それを行わず、逆に負ける方法ばかりを行っているのです。投資には魔法も手品もありません。【勝てる方法】を行わなければ決して勝てないと理解しておくべきです。