ようやく安定した株式投資ができるようになりました
短期投資から長期投資に変えてから、株式投資の成績が安定してきました

昨年までシステムエンジニアをしていましたが、会社を退職し独立に向けて準備している40歳です。10年ほど投資歴があり、100万円で株式投資を始めたのがきっかけです。

株式投資スタートダッシュ

始めは日本株のみ保有しましたが、現在は日本株、米国株に投資を実施しています。当初は短期投資で分散して株式投資を行っており、ちょうどアベノミクスに伴う株式上昇の恩恵を受け、資産は増えました。しかし2015年の年末をピークに横ばいもしくは減少傾向になり、成績が伸び悩んできたので、長期投資に取引手法を変更しました。個人で証券会社を通じてネット取引を実施しています。

短期売買の限界を感じました

一時期短期売買を実施していましたが、株を購入した途端、評価額が下がり精神的にこれ以上下がると辛いと思い売却したところ、その株の評価額を上昇に転じました。そんな事が他の株でもあり短期売買は良くないと実感しました。

短期売買は、個人で実施する場合は、株価の動きをチェックしなければいけません。サラリーマンが仕事しながらチェックしていたら仕事になりません。また精神的にも相当やられます。株の高速売買システムには個人では勝てないと感じました。

株の短期売買から長期売買への方向転換

短期売買で2015年末から資産が伸び悩んでいることや、他の株投資家から勉強をさせていただいた結果、現在は短期投資から長期投資に変更しています。上場している企業の銘柄分析を行い、信頼できる企業を見つけ出し、その企業に投資するつもりで長期に投資する方法を現在はとっています。自分が調査して自信を持った銘柄であれば評価額が下落するリスクも少なくなってきます。また長期で保有すればいずれ評価額がプラスになるであろうと考えています。

米国株の魅力とは

現在日本株を2銘柄、米国株式を2銘柄保有しています。今後、日本は人口が減っていき、米国は人口が増えていく状況を考えた場合、経済的に米国の方が成長していく可能性が大きいです。世界展開している米国企業の安定感や成長力は日本の企業とはくらべものにならないくらい可能性を秘めていると考えます。

したがって今後は、日本株よりも米国株投資に集中していきたいと考えています。米国株は為替の影響も受けますので、そのあたりを見極めながら投資を行っていきたいと考えています。

 

<【短期投資から長期投資に投資スタイルを変更】米国企業の安定感や成長力が期待できる米国株式投資>を動画で見る

(注目記事)【資産運用初心者のための教科書】初心者が知っておくべき重要な事
(人気記事)【サラリーマン投資家の時代到来!】もうサラリーマンも投資と無関係ではいられません