仮想通貨で成功するための限定情報をLINE@にて無料配信中
クオンツ運用
高度な数学的手法に基づいた数理モデルを利用する運用方法

クオンツ運用とは

クオンツ運用とは、コンピューターを駆使して、高度な数学的手法に基づいた数理モデルを利用しての運用のことを言います。クオンツ運用は主に人の思考が入らなくて、機械的に運用されるためシステム運用とも言われています。クオンツ運用の対義語として、人の思考で判断されて運用するジャッジメンタル運用があります。
クオンツ運用は、為替や株価の市場データや企業業績、GDPなどの経済データを参考にして理論価格をコンピューターで計算して、現在の価格が割高か割安かを判断するプログラムが組み込まれていて、そのプログラムに沿ってコンピューターが、日々の変動に合わせて24時間瞬時に判断してトレードをします。

クオンツ運用の具体例

具体例として株価指数先物を利用したトレードの場合、簡単なパターンとしてですが、先物価格=現物価格+短期市場金利の数式で、現物価格と市場金利の変動に合わせて先物価格が割安か割高の判断をコンピューターがしてして、売りか買いのトレードをします。これは簡単なパターンでして、実際にはさらに経済データを交えた状態で、先物の理論価格をコンピューターを使って計算して、トレードをします。

クオンツ運用に利用される高度な数式として有名なものとしてブラック・ショールズの公式があります。これはアメリカの経済学者のフイッシャー・ブラックとマイロンショールズが開発したオプションの理論価格を算出する数式でして、株価だけでなく商品などのオプション価格を算出することもできます。今ではクオンツ運用を使ったオプション取引ではブラック・ショールズの公式を使わないところは無いと言えます。

クオンツ運用の今後の課題

クオンツ運用は、理論価格を算出してのトレードだけでなくデリバティブ(金融派生商品)にも利用されています。デリバティブは高度な数式や数理モデルを利用しますから、コンピューター無しでは計算ができません。計算ができないがゆえに、リスクを理解できなくて購入した投資家が、知らずに損を出す問題が生じています。このデリバティブの開発のために国際的に数学者たちが金融業界に就職をしたことが話題にもなっています。

クオンツ運用の問題点として、数式が最善に近づけば近づくほど、同じく最善を求める他者とも似通ってきますから、投資タイミングも近くなり運用に差が無くなってきます。また突発的なイベントがあった場合に数式から算出される数字が、正当な数字から大きくかけ離れるため、コンピューターが異常値と判断して、コンピューターが取引を止めてしまう場合があります。この場合人為的にプログラムを修正しないと回復しないから、クオンツ運用は問題点として、相場の大きな変動に弱い点があります。

(注目記事)【投資で勝つ経済知識は実践で学ぶ】投資に役立つ活きた知識を身につける
(人気記事)【投資で勝つ勉強方法】情報源の特徴を活かした勉強を欠かさない