海外資産運用を始めるにあたって
今では国内にいながら海外へ投資ができます

海外資産運用は難しくない

長いこと円高の影響で海外投資は、国内と違い状況がわからないのと為替リスクがあるからと敬遠されてきました。ところがアベノミクスが始まっての日銀の異次元緩和で為替リスクが低くなり、上昇が見込めない日本株よりも、上昇し続ける外国株に投資をした方がいいと、このところ資産運用は海外投資が主流になっています

海外投資と言えば海外の証券会社で外国株を買うか海外の不動産を購入とか、現地に出向かないと海外資産運用はできないと思えますが、それらはすべて日本で投資ができます。国内の証券会社から海外へと投資ができるからです。その上海外なら日本でできない投資ができるのも大きいです。ただ日本にいても外国の事情が分かりにくいので、日本で買えるとしても安心して買えないと思えてきます。しかし今はネットで検索して調べる時代となり、海外のことはネットで検索して調べて判断できます。書店でも米国株の四季報が販売されていて、米国株の情報が簡単に入る時代ですので、今では外国株でも日本株と同じように情報が入ります

それでも外国株に個別で投資は難しいと思うのでしたら、海外ファンドや海外ETFを利用すればいいでしょう。海外ファンドも国内向けに販売されているのを買えばよく、海外ETFも国内の証券会社を通して購入売却が可能です。ただ海外の方が有利に運用できるとはいえ、為替リスク等もありますから、リスクが高いことを考えて余裕資金で投資をすることをお勧めします。

安全でもハイリターンな投資がある

新興国や発展途上国への海外投資投資は安全なほどリターンが低くなる傾向があります。安全なほど資金が集中して価格が上がって、必然的に上昇余地が限られてリターンが低くなります。しかしリスクが高くても上昇が約束されていたら、ある意味安全です。確実に上昇するのだから値下がりすることが無く安全ということです。そのようなことがあるかと言えば、例えば海外の成長する国の株式があります。経済成長が期待できる新興国やこれから発展が見込める発展途上国がそれらに該当します。発展途上国はフロンティアと呼ばれて、発展途上国への投資は直接株式を買うことはできませんが、投資信託での投資が可能になっています
新興国や発展途上国の今後の経済成長が見込める理由ですが、経済のグローバル化で、資産運用のために高い金利を求めての高金利の新興国や発展途上国に資金が流入しているため、国内に高い経済成長をもたらす資金が流通します。また多国籍企業が安価な労働市場を求めて、新興国や発展途上国に工場などを建設して、投資をするから経済成長が確実に見込めます。また新興国や発展途上国はインフラが未整備なところが多く、インフラ投資も経済成長を進めてくれます。これら投資の為の資金需要が多く、資金流入が続いても資金を求めての高金利が継続しますから、世界からの資金流入が続き、さらなる経済成長をもたらしてくれます

海外不動産投資

安定的な資産運用と言えば不動産投資ですが、不動産投資でも海外の方が高い利回りを見込めます。理由としましては、国内より海外の物件価格が安いため、その分利回りが高くなります。また経済成長率が高い国ほど不動産価格の上昇が見込めますから、アジア方面の特に中国やマレーシアの不動産に投資が増えています。ただアジア方面の不動産価格が大幅に上昇してきたことから、最近では南米やアフリカ方面への投資が増えています。アフリカと言えば未開発な土地が多いように思えますが、有望な投資先として南アフリカの都市部への投資が盛んになっています。南米や南アフリカは、政情不安等で本格的な値上がりはまだまだ先の話ですが、有望な投資先だということに変わりはありません。
ただ海外不動産に直接投資をするとなりますと、現地に渡航して地元の不動産会社と売買の契約を結ぶ必要があり、渡航費用も馬鹿にならず、利回り的に割が合わなくなります。しかしREIT(リート:上場型不動産投資信託)で投資をすることで現地に出向かなくても海外不動産投資ができます。海外REITは海外の株式市場で売買できますから、国内の証券会社を通して購入することができます。海外REITは投資信託という形でも投資ができますので、少額の資金で海外の不動産に投資ができます

外貨投資

海外の資産運用は投資先の価格変動だけでなく為替の変動もあって、国内投資よりリスクが高く難しい面があります。新興国の経済成長から考えますと、通貨の価値も円に対して上昇を見込めますが、それには時間がかかります。また資産価値の変動を避けて金利だけ受け取りたいと考えているなら、FXのスワップ運用をしてみるといいでしょう。FXと言いますと、レバレッジで何倍もの値動きがあり、証拠金取引のため予想を間違えたら追証とか追加入金を迫られるイメージがありますが、レバレッジ1倍ならレバレッジを利用していない状態と同じですから、普通の資産運用とは変わりがありません。つまりFXを過剰に恐れる必要はなく、トレードではなく長期的な通貨価値の上昇を見込んでの保有をしてみるといいでしょう

スワップ運用の仕組みですが、FXは通貨を売買するイメージがありますが、スワップ運用は通貨を買ったら、基本的にはそのまま保有します。保有しているだけで毎日金利相当分がもらえます。スワップの仕組みは日本円を借りて外国通貨を買い、買った外国通貨を銀行に預金する感じです。外国通貨の預金金利から円の借入金利を引いた差額がスワップになります。高金利通貨ほどスワップが大きいので、スワップ運用は主に高金利通貨で行われています。

FXを避けたいのであれば、外貨預金をしてみるといいでしょう。外貨預金でも円で定期預金をするよりも高金利です。ただ為替リスクを考えたら金利が低くて、初心者には難しい取引になります。あくまでも長い間金利を受け取る為の運用と考えておくべきです。

リスクオンとリスクオフ

最近資産運用に関してリスクオンとリスクオフという言葉が使われるようになりました。リスクオンとはリスクを取りにいける状態のことを言い、リスクオフは逆にリスクを避けることを言います。投資家の心理状態として、今ならリスクが小さいと思うならリスクオンで、リスクが大きいと思えるならリスクオフです。海外の投資家たちの心理状態で相場が決まるようになっていますから、リスクオンとリスクオフかで、自分たちも投資をするかしないかの判断に迫られるようになりました
リスクオンの時は株式や原油などの商品、不動産、高金利通貨に資金が流れ、リスクオフの時は、安全通貨としての円や金に資金が流れます。中東や北朝鮮などの地政学リスクの高まりや世界的な景気動向などでリスクオンかリスクオフに代わり、今がどちらの状態かどちらになるかの判断がとても難しいです。この判断ができるようになれば、リスクコントロールがうまくいき、投資では確実に成功できますが、現実的には難しく、むしろ相場の変動に振り回されないように運用する方が好成績になります。

海外資産運用は、投資先のリスクだけでなく為替のリスクもあり、状況によっては国内よりも損失が大きくなる場合があります。それでも長期的な視野で見れば、経済成長の恩恵を受けられる企業や通貨に投資できるのが大きく、長期的には国内よりも運用成果が期待できます。相場変動も一時的ですから、変動に振り回されずに長期的な運用をすることです。

 

<【ローリスクハイリターンが可能な海外資産運用】日本にいながら楽々海外資産運用>まとめ

1.海外ファンドや海外ETFならすぐにでも海外資産運用が可能です
2.これから成長が確実な新興国ならローリスクでハイリターンな資産運用が期待できます
3.高い利回りを見込める海外不動産投資なら海外REITを利用しましょう
4.トレードではなく長期的な通貨価値の上昇を見込んでの外貨保有がおすすめ
5.リスクよりも経済成長の恩恵を受けられる企業や通貨に投資できるメリットの方が大きい

海外での資産運用と聞くと難しく感じるかもしれませんが、今では国内資産と変わらずに運用できますし、逆に海外の方が利回りやリターンを大きくできる可能性が高いため、非常におすすめです。また国内と海外で分散運用する事で、リスクコントロールもできますので、安定した運用成績が期待できます。海外情報もリアルタイムに入ってくる今、難しいと思うのは全く的外れな考え方なのです。何事も始めてみる事が大切なのです。

仮想通貨無料配布キャンペーン