株の高値掴みは逆に考えれば貴重な経験になります

私は30歳ですが、夫の仕事の関係で仕事を退職しなければならず現在は専業主婦です。退職した当時はバタバタとしていましたが、空いた時間が少し持てるようになり投資をするようになりました。いろいろな投資に挑戦してきましたが、もう投資歴は4年ほどになりますね。

FXから株式投資へ

初めてした投資はFXの短期売買でした。それからだんだんと投資を好きになり、投資額も挑戦する投資のジャンルも増えていきました。今最も力を入れているのは、株式投資です。初期の資金は50万くらいでしたが、現在は購入したい株が多いのでもう少し投資額は増えています。私の株式での投資スタイルは、基本長期投資です。短期売買が苦手なので、必然的に長期投資になってしまいます。

材料株という夢の銘柄

株の中でも材料株と言われる銘柄が好きで、良さそうな会社を見つけると購入しています。完全に裁量取引ですが、実はあまりうまくはいっていません。材料株に投資するというのは、とても夢があります。製造業だとよくあるのですが、将来的に引き合いの多そうな夢の素材だったり技術だったりを発見すると、その材料に期待してしまうんです。

新しい技術について上場している会社が発表を出すと、みんなが一斉に株を購入しますよ。私も新しい技術に魅力を感じてその会社の株に飛びつくのですが、飛びついたときが高値だったということがよくあるのです。

高値掴みも考えようです

何度か同じような失敗をして、魅力的な材料株であっても株価が落ち着いたときに注文を出すように最近はなりました。高値掴みをしてしまった株は手放すことが出来ず、持ち続けています。持ち続けている理由は2つあります。

材料株は、何回かに分けて大きなニュースを報じることがあります。新しい技術を見つけたときや、その量産試作に入ったとき、どこかの企業と提携したりといった具合です。そのたびに株価が上がるので、持っていると高値掴みをした銘柄でも助かることもあります。また、高値掴みした株を見るたびに、失敗を思い出し慎重に考動することが出来ます。資金が拘束されてしまいますが、舞い上がりやすい私には良い戒めになっています。

言い訳をしながら高値掴みの株を所有していますが、製品開発が上手くいかない場合は、株価は低迷してしまいずっとマイナスです。本当に株を買うタイミングは難しいです。高値掴みの失敗はもうしたくありませんが、学んだことも多くあります。失敗を経験として活かし、資産を増やしていけたらいいなと思います。

 

<【株で高値掴みをした時には】高値掴みは逆に考えれば貴重な経験になります>を動画で見る

 

(人気記事)【安心と信用度で選ぶなら銀行の資産運用】取引銀行を100%活用した資産運用方法
(注目記事)【資産運用における最適なポートフォリオとは?】リスクと資金をポートフォリオでコントロール

仮想通貨無料配布キャンペーン