損切りの重要性

損切りとは、自分がエントリーした方向と逆方向に相場が動いた時に、損失を覚悟で、どこで見切りをつけるかというものです。誰しもが味わいたくない決済方法ですね。

損切りを行わないメリットは、損切りを行うときに感じる嫌な感情を感じなくて済むということぐらいで、他にいいことはありません。寧ろ、後で「しまった!」と思うことがおおいものです。

一方、損切りを行うメリットは、
(1)損失がどんどん膨らんでいく恐怖から逃れて、安心感を得ることができる。
(2)資産を失ってしまうような大きな損失を予防することができる。
(3)資金の回転効率を上げることができる。
ことです。

(2)は特に重要で、ポジションが維持できなくなり、断腸の思いで損切りの決済を行わなければならなくなり、それを繰り返して、あれよ、あれよという間に資産を失ってFXの世界から退場を余儀なくされるということを防ぎます。本当に多くの人が陥る罠です。

(3)は、利益の出ないポジションを長く保有していることで、利益が出る取引の機会を逸し、結果的に資金の回転効率が悪くなるということを避けることができるのです。

損切の設定方法には様々な方法があります。いくつかの方法を順次お話をしていきますので、あなたに合った方法をぜひ実践してください。

ポイント主義による損切方法

損切りを制する者は投資を制するエントリーをする時には、誰しも相場の方向に対する思惑があります。
この思惑が間違っていたと判断できる価格ポイントになった時に損切りを行うのが、ポイント主義による損切です。

トレンドフォロー型にしても、逆張り型にしても、あるいは持ち合いでの取引にしても、必ずその状態が変化したと判断できる価格ポイントがあります。

たとえば、トレンドフォローではトレンドラインが破れたれた価格ポイント、逆張りでは動きがトレンド方向に戻ったと判断できる価格ポイント、持ち合いでは、持ち合いが敗れたと判断できる価格ポイントです。この価格ポイントに達した時に、必ず損切決済を行います。

とはいえ、私たちはついつい「この動きはダマシで、また思惑通りの方向に動くのではないか」と考えがちになります。

しかし、例え結果がそうであったとしても、ここは勇気を持って一旦損切を行うのです。何の根拠もない自分流の勝手な解釈をして大きな損失を被るよりも、仕切り直して新たにエントリーを行えば、また損失をリカバリーすることができます。

許容損失Pips数または許容損失金額による損切設定

「あなたの損失許容Pips数はいくらですか?」とお尋ねすると、「ゼロ」と回答する方がいらっしゃいます。誰しも損失など出したくないとは思いますが、ここでお尋ねしているのはそのような意味ではありません。

FXの取引では、毎回毎回、100%勝つということはとても難しいことです。予想外の突発的な要人発言があることもあれば、天変地異が起きることもあります。あるいは、私たちは人間ですから読み違えることもあるでしょう。

FXの勝ち負けは、例えば10回のエントリーの内に何回勝つかという勝率と、勝った時の利益金額、負けたときの損失金額をトータルで考えて統計的に判断するものです。この基礎的データを過去の実績やデモトレードの実績から算出して、どのような損失許容Pips数決められるか、ということをお尋ねしているのです。

例えば、勝率6割で、利益を出す時には1回100Pipsであれば、合計利益は600Pipsになります。一方、4回損失を被るのですから、4回で600Pips負ければトントンになりますから、最悪1回150Pipsは負けても損は出さないことになります。従って、損失が150Pips以下であれば利益は確保できることになります。

今この状態で、損失を100Pipsまで許容したとすると、勝率6割で利益は600Pips、損失は400PipSとなり、トータルの利益はその差200Pipsになります。しかし、腕が上がって7割の勝率が出せたとすれば、利益は700Pips、損失は300Pipsになるので、トータル利益はその差400Pipsと倍になります。

ただ、損失Pips数をだんだん小さくしていくと、損切が多くなって勝率が低下することも考えられます。自分がエントリーした時にどれぐらい含み損を持つかとの兼ね合いになり、バランスをとる必要があります。

許容損失Pips数を金額に置き換えたものが、許容損失金額によるものです。こちらはお金で決めるという意味で、少々メンタル的な要素が加わります。

含み損や損失が10万円という金額になると心理的に耐えられないという方も確かにいらっしゃいますので、こちらはエントリー本数を調整して許容損失Pips数と耐えられる含み損や損失金額の範囲で取引を行う設定とする必要があります。

資金の回転面から見ると、大きな利益を狙ってポジションを持ち、決済ポイントと損切ポイントを設定するよりも、取引形態として可能であれば、小まめに取引を繰り返す方が利益を伸ばすことができます。

相場は小さな上下動を繰り返しながら上昇や下降をしていきますので、蛇行している小さな波を拾っていけば、直線的な大きな波の利益を狙うよりも大きな利益を得られます。

A点からB点まで蛇行した紐の方が、A点とB点を直線的に結んだ紐よりも長くなるイメージです。
その際は、許容損失金額の設定も小さくできるので、金額によるメンタル的な要素を軽くすることや、大きなエントリー本数で取引を行うこともできます。

資金面からの設定

損切りを制する者は投資を制する昔から株式投資などで使われている損失許容値に、2パーセントルールと呼ばれる物があります。これは、投資に使用できる総資金の2%までを1回の取引での損失許容値とするというものです。たとえば、100万円の投資用資金を持っている場合、1回の取引で許容できる損失金額は2万円以下にするというものです。

投資金額を投資資金の2%以下にするという誤った解釈をされて、取引証拠金も含めて2%しか運用しないと思われている方もいらっしゃいますが、そうではありません。あくまでも損失の許容金額を2%以下にするということです。

この損失2%という値は、連続して何度か負けても投資資金はある程度保全される金額であると言われています。

この方法では、損切を設定する時に、この2%の範囲内に入るように、損切ポイントとエントリー本数を調整します。たとえば、今、投資資金が100万円あるとすると、許容損失額は2万円になりますね。

今、1Pipsの変動で1000円動くとすると、損切ポイントは20Pipsまでが許容範囲となります。40Pipsの損切ポイントに損切を置きたいのであれば、1Pipsの変動で500円動くようにエントリー本数を調整するということになります。

しまったと思ったら仕舞う方法

昔からの相場の格言に「しまったら、仕舞え」というものがあります。何はさておき、「しまった」と思ったら決済するという方法です。直感を使うのですね。この方法では、決済が必ず損切になるとは限りません。

もっと伸びるだろうと思ったにもかかわらず、案外伸びが鈍くて相場が天井や底を付けそうになった場合にも利用することができます。損を出す前に少しの利益でも確保できれば御の字、損失を被るにしても僅かな損失で済むという利点があります。

この「しまった」というある種の「直感」は、相場に慣れることで培われます。直感というのは、経験により思考をショートカットしたものですから、どうしても経験が必要になるのです。

相場は上下動を繰り返して進展しますから、経験が無い状態でこの方法を多用すると、エントリーが間違っているのではないかという疑いのバイアスが働いて、結果的に正しいエントリーでも決済をしてしまいがちになり「損切貧乏」になってしまうこともあります。

ここは是非、経験を積んで直感を養っていただきたいものです。

仮想通貨無料配布キャンペーン