家賃の未払いを防ぐために入居前に行うべきこととは
いくら所有する物件の立地条件が良くて空室率が低く抑えられていても、家賃が未払いですとその分収益を得ることが出来ないですし、長期に渡って未払いが続いたり複数の借り主が未払い状態だと経営に影響が出てきてしまうこともあり得ます。

家賃の未払いを防ぐために入居前に行うべきこと

そこで家賃の未払いを無くしていくことが重要になってくるのですが、そのためには入居前と入居後に対策を講じる必要が出てきます。まず入居前に行う対策としては入居前の審査をしっかりと行い、家賃を支払える能力があるかどうかを調べていくことにあります。具体的には勤めている会社の勤続年数や役職そして年収を調べていくことによって支払い能力があるかどうかを確認していきます。

一方何らかの理由によって家賃が支払われなかった場合を想定して、予め家賃債務保証業者と契約を締結し、もし家賃の未払いがあったときには代わりに家賃債務保証業者から家賃分の支払いを受け取るようにすることも、家賃滞納による収益の減少を防ぐ方法の1つになります。

そして既に入居者がいる物件を取得する場合には、入居者が家賃を毎月支払っているのかを予め確認していき、家賃を滞納していたり家賃の支払いがよく遅れる入居者がいない物件を選んで取得するようにすることが重要になります。

家賃の支払いが遅れたり滞納されないようにするための対策とは

家賃の滞納を防ぐ入居前審査と支払い対策をすることが重要しっかりとした審査を行いその結果家賃の支払い能力があると判断した場合に賃貸契約を交わしていきますが、それでも支払いを忘れていたり仕事などの関係で支払うタイミングがなかったりして支払いが遅れたり滞納してしまう場合もあります。

一度滞納すると次回の支払い額が増えるために支払いが苦しくなる場合もあり、そのことによって更に滞納が増えることもあり得ます。
ですからそのように滞納が増えないようにするためにも、まずは最初の滞納をされないように工夫する必要が出てきます。

ただ家賃の支払いが口座引き落としでないときで直接大家さんや管理人などに家賃を支払いに行く場合、大家さんや管理人が遠方に暮らしていると支払いに其所まで出掛けて行くことが負担になったり、其所に支払いに行く時間がとれなかったりなどをして未払いになってしまうこともあるかもしれません。

そこでそのようなことを防ぐために同じ建物の一室に管理人の部屋を設けて家賃の支払いを受けたり、給料が振り込まれる口座から家賃を引き落とすようにすると、支払いを忘れたり仕事などの関係で支払うタイミングがなくても家賃の未払いを無くすことが可能となります。

一方支払いを促す意味で家賃を支払うことによってポイントや特典などを与えて、そのポイントや特典を使って共同設備などを割安で利用することが出来るなどの工夫をすることも、家賃を滞納させない工夫になり得ます。

未払い・滞納されたときの対策とは

それでも家賃の支払いが決められた日になされないこともあります。

ただこの決められた日に支払いがなされなくても単に支払いが遅れているだけかもしれないため、少し支払いがあることを待ってみようということになりますがあまり待ちすぎて次の支払いと重なるようになると支払いが難しくなる場合もあります。そこで支払いが決められた日に行われなかったときには慎重な対応が重要になってきます。

具体的な対応としては契約時に得られた借り主のメールアドレスに支払いが遅れている旨の知らせを支払い日から1週間前後に送り、その後電話をして借り主の近況を伺って支払える時期を確認します。そこで明確な時期を示されなかったり、支払える時期になっても支払いがないときには直接会って話し合いを行います。

話し合いでは家賃を支払う日から3週間程過ぎていれば次の家賃の支払いも加わってくるため、その事も含めて支払いの計画を立て直していき、その通りに支払わなければ督促状を送付して支払いの催促を行い、それでも支払いがなければ法的な手段に訴えることなどを伝えて強い態度に出る必要も出てきます。

家賃の滞納は貸し主にとっても収益が減る分痛いですが、借りている側にとっても滞納が増えることで更に支払いが難しくなってしまうため、双方にとって不利益となります。
しかも法的な手段を取ることはその分の支出と時間的そして精神的な負担もかかってしまいます。

ですから家賃の支払いが滞納されないように未然に防ぐことが重要になってきます。