投資信託で毎日「夢を積み立て」ています
やはり投資は長期の積立型が一番です

 

31歳会社員です。女性です。私の初めての投資体験は、勤務先の従業員持ち株会への入会でした。

自社株から始めた株式投資

持ち株会は自社の株を毎月定額買うもので、私は月に1万円分を投資していました。ちなみに当時は年収500万ほどでした。私が入社した頃の会社は成長期で、株価が右肩上がりでした。でも、私はその頃は株について全く知識がなかったので、貯金感覚で、少しでも増えたらいいなあという程度の気持ちでした。

年に二回、自分の持っている株数の通知が来るのですが、見方がわからず、会社の株価が今いくらなのかも知らず、資産が増えているのか減っているのかもよくわかっていなかったのです。ただ、たまに株価のチャートを見て、何となく上がっているのでおそらく多少は増えているんだろうと思っていました。

そうして5年ほど続けたあと、転職をするため退社することになったのですが、それに伴って持ち株会を退会することになりました。それで初めて株を精算してみてびっくりしました。なんと、株価が5倍にもなっていて、5年で約60万円の元手が、300万円になっていたのです。それから、投資の魅力に目覚め、NISA口座をつくって自力での投資を開始しました。

積立型投資信託で堅実投資

転職後、給料が以前の半分になったこともあり、給料以外のところで資産を増やしたいという気持ちもありました。最初は、自社株の積み立て買いで成功した体験から、積立てできる投資をしたいと思いました。そこで株ではなく、投資信託を月に3万円分ずつ積み立てることにしました。

始めてから1年くらいはずっとマイナス状態が続きましたが、長期運用するつもりだからと気楽に構えて待って、今はプラスに転じています(数万円程度ですが)。30年くらい積み立て続けて、いつの間にかぐっと増えていてくれたらいいなあというつもりで、ほとんどほったらかしています。

30年後の資産形成を目指して

投資を始めた頃は、やはり株は怖いという印象があって手を出さずにいましたが、だんだん株に対しても興味が湧いてきて、1年ほど前から個別銘柄を買い始めました。余裕資金を少しずつ投資口座に回して、今はだいたい40万円分ほど株に投資しています。慎重な性格なので、ひとつの銘柄で大きく儲けるよりも、安い株をたくさん買って、リスク分散をしようとしています。だいたい、10万円以下で、配当か優待がある株を狙っています。

今のところ、株では大儲けはしていませんが、マイナスにならなければいいやというつもりで、あまり欲張らずに続けるつもりです。少額投資なので、10%株価が上がっても数千円の利益にしかならないですが、そんな時は福利シミュレーション計算機で30年後の資産を計算してみると、かなりの金額になって夢が持てます。あせらずに、すこしずつ増やせば、指数関数的に増えるのだから、時間をかけることが大事だなと思います。

私が本格的に投資に興味を持ち始めたのは20代の終わりで、まあまあ早い方だったかなと思いますが、もっともっとはやく始めてたらと思うことはあります。それでも30年後を楽しみに、ゆるゆると続けるつもりです。

仮想通貨無料配布キャンペーン