会社員の私が投資を始めた理由
定期預金より利回りが良い2万円から始めた株式投資

 

皆さんは株や投資信託で資産運用をしていますか?え!資産運用ってうさん臭い、そんな大金持ってないよ!と思う方が多いのではないでしょうか。いいえ、そんなことありませんよ。資産運用は誰でも始めることができて、かつ少額で始めることもできるんです。これから株を始めようという人、興味はあるけど一歩が踏み出せてない人が投資を始めてもらうきっかけになれば幸いです。

私が株を始めたキッカケ

私が株を始めたキッカケは、定期預金より高い商品はないかと考えたからです。私は現在26歳の会社員です。大学を卒業して、今の会社に就職して4年目である程度貯金も出来てきたので、定期預金を始めようかと銀行のチラシを見たところ、金利の低さに驚きました。1年満期で0.1パーセント。100万円預けても1年でたった1000円。そこから税金も引かれると手取りは800円ほど。当時は10万円程で始めようと思っていた私にとって割りに合わないなと感じたからです。そこで、友人や雑誌などで調べたところ株がいいんじゃないかという結論に達しました。

株と聞くと何百万円も必要なんじゃないかと最初は考えていました。ところがそうではなく、数千円単位でできるものからあるということでした。また利回りも4パーセントのものもあり、株主優待などもあり、楽しそうで、これならとりあえず出来るかもしれない。ということで、ネット証券で口座を開設しました。

初期資金と選んだ銘柄

まずは大きく損をしたくないので、10万円で始めることにしました。じゃあどこの銘柄を買おう?固くて損をしにくいところ…。私が選んだのはみずほフィナンシャルグループです。金融関係で固そうだし何より2万円前後で購入出来ます。配当も3パーセント以上あるので、銀行の金利の30倍!まずはここにすることにしました。

その結果、やはり購入してみると配当は嬉しいのですが、値動きがあります。特に日本銀行がマイナス金利政策を発表してしばらくは、金融関連銘柄はかなり株価が落ち込みました。みずほに関しても、150円程になった時期もありました。ここで売ってしまおうか。しかし、もしかしたら逆に値引きされたバーゲンセールかもしれない!思いきって700株ほど買い足しました。その後トランプ大統領の就任などで値を戻し、評価額はプラス30パーセント程。配当金ももらえ、なんとか成功したかなというところです。結局今は1000株保有して定期預金の代わりにしています。しばらくは売る予定はありません。

株を始めてみた感想と今後

経済関係のニュースに敏感になりました。「このニュースは自分の銘柄にどんな影響を及ぼすのだろう」とか、「今の状況は買い足すべきなのか」「売ってしまったほうがいいのか」など、定期預金を始めるよりも知識は増えたと考えています。今後も給料の一部やボーナスなどで少しずつ、資産運用の幅を広げていきたいと思っています。

(人気記事)【楽しいと思える投資を実践する方法】投資は利益の額の大きさよりも、勝つことそれ自体を楽しむ
(注目記事)【投資で勝つための自分スタイルの確立】投資目的や生活パターンに合った投資スタイルこそ勝つための条件