NISA口座は投資初心者にはおすすめです
上限いっぱいまでNISAを使い切る

 

大学や高校で非常勤講師の仕事をしていて、将来への不安から投資を始めました。今のところ給与は手取りで17万円ちょっとで、不定期で副業をやっているのでその分多少3万円くらい上乗せされるかなって程度。30代前半にしては、かなり少ない方だと思いますが、それでも個人的に収入は増えた方で、生活サイクル自体は小さいので、毎月赤字などにはなっておらず、少なくても3万円くらいは貯金に回すことができています。

NISA非課税枠を最大限に活用

初期資金は10万円ちょっとで当時まだ上場していたのスターバックスコーヒージャパンの株を買いました。上場廃止で売ることになりましたが、3万円くらいの利益が出て、結構投資って楽しいなと思わせてくれた投資になりました。NISA口座では、ひとまず現在120万円の枠があるので、その中で買える株をいくつか買っている感じです。

クオカードとかが欲しくてタマホームの株を買ってみたりとか、やってみたかったので立会外分売で買ったクリエートとかが含まれています。なるべく非課税枠を活かしたいので、高配当な株を購入していて、銀行株である三井住友ファイナンシャルグループとか、みずほ銀行とかが多いです。同じくらい、商社株も入っていて、三菱商事とか丸紅なんかもポートフォリオに入っています。

売買手数料もかからないのがNISAのメリット

ひとまずNISA口座で買うと、売買の手数料がかからないので、その意味で節約になっているかなと思います。銀行株などは比較的10万円以下で買えるものが多いのですが、ナンピンしたりドルコスト平均法で積み立て投資をするときにも手数料がかからず、少額投資にとても向いていると思います。初心者は投資資金も少ないので、手数料がとられないのも利点といえます。

現行のNISA口座は、あと5年ちょっとで終わってしまいますがそれでも毎年100万円(現在は120万円)投資に入れていけば、それだけで1000万円以上の金融資産になるわけです。目減りは多少するかもしれませんが、1000万円の金融資産に対して金利3%なら年間で30万円入ってくるので、多少目減りしてもすぐ取り戻せると思います。

トランプ相場で500万円くらいから一気に600万円まで利益も出ました。個人的にバイ&ホールドなので、含み損になっている株もありますが損にもなっていません。得られる配当金にも税金がかからないので、まるっと総取りできるのでとても気に入っています。使える上限いっぱいまでNISA口座は今年も使い切りたいなと思っているところです。使える間は現行のNISA口座で投資を続けたいなとも思っています。

(注目記事)【投資で勝つ経済知識は実践で学ぶ】投資に役立つ活きた知識を身につける
(人気記事)【投資で勝つ勉強方法】情報源の特徴を活かした勉強を欠かさない