最近の地金投資の指標や動きをみると値動きがかなり激しいです。純金だけではなくプラチナ、銀、銅などの値動きも激しくどれも右肩上がりに傾いてきました。その中でも純金の値段は一年前と比べると異常な値段上昇をしております。どの地金商でも1グラム5000円以上の値段をつけていることがあります。この純金の価格の変動は何を意味しているかといいますと、「世界のお金の価値の変動」を意味しています。この急激な純金価格の高騰に対して自分たちの生活面にも今後は影響してくるでしょう。特にお金の尺度や為替のレートへの影響が著しいでしょう。今回はそんな純金を積み立てした方がいい本当の理由を紹介していきたいと思います。

純金積立の基本要素

純金積立をしたほうがいい本当の理由純金積立は、毎月一定の額で金を少しずつ購入していく投資方法です。金定額積み立てともいわれます。月々1000円から始めることが可能です。購入した金は取り扱い会社に預けられることになり、その間は買い付け報告書や残高報告書といった書類で金が保証されます。金は毎日変動するので高値掴みするなどといったリスクがあるのですが純金積立の場合は「ドルコスト平均法」という方法によりリスクを回避することができます。最低開始価格額が少ないことや、ドルコスト平均法でのリスクの低さから考えて、純金積立は金投資の初心者に向いていると思います。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、金融商品が高いときに少なく金融商品が安いときにはたくさん購入する方法です。一気に多額の資金を運用に回す必要がなく余裕資金で運用ができるため気軽に投資ができます。毎月の購入金額を指定すれば証券会社が自動で運用するので、利用者は口座内にお金を入れるだけで運用してくれます。ドルコスト平均法は万能ではないですが、手間暇かけず、長く続けやすい積み立て方法初心者にとって手軽に始められ、かつリターンを上げることができるいい方法です。純金投資や投資信託をはじめるにあたって「時間分散」「分散投資」「長期投資」が重要です。初心者にとっては投資に時間をかけずにのんびり投資で続けていくのが大切とされています。

純金市場は現物でありますが「もっと時間分散したくない?」と思う人も多いでしょう。どれだけ効果にでるかわかりませんが1か月でも上がり下がりがあるので時間分散がもっと細かくできたらいいのにと思ったところ実はSBI証券の純金積立は時間積み立てを可能にしております。純金や株式の投資にとって大きな損失を受けて退場するパターンが一番望ましくないのでそうならないためにも小額からリスクを負わない純金積立で毎月投資していくことが資産形成で優良な方法の一つと言えます。

最近の純金ニュース

純金は今後間違いなく価格が上昇すると断言できる唯一の投資対象です純金で一番値動きが激しくなる原因としては「地政学リスク」になります。つまりテロ、戦争、選挙、ストライキなどが材料になってきます。最近では、北朝鮮リスクの警戒から金価格の上昇目立っています。投資の世界では「有事の金買い」という言葉があり、市場のリスクが高まると金が買われる傾向があります。今回の北朝鮮リスクをきっかけに分散投資としてポートフォリオに金を組み入れようと考えた投資家も多いです。金投資の種類とそれぞれのメリット、デメリットを確認していく必要があります。

金はロンドン市場での1トロイオンスあたりのアメリカドル建ての価格が国際取引の指標となります。直近の底値である7月10日1213ドル(約13万円)から北朝鮮の地政学リスクのかかわりを背景に9月4日には1325ドル(約14万5千円)をつけ今年初の高値を更新しました。2か月半で9%の上昇を見せました。近年で金が1320ドル(約14万円)を超えたのは2016年6月~9月にかけてイギリスがEU脱退を決定した後は2016年11月のアメリカ大統領選挙の直前など金融危機が高まった時期と重なります。有事の際には機関投資家は運用ポジションを縮小して市場の下落に備え、損失の拡大を防ごうとします。株式や債券の比率を下げ、純金などの有事に強い資産にシフトしました。これを金市場では「リスクオフ」と呼んでいます。金はリスクオフで買われる代表的な資産です。

金は、株や債券といった有価証券の金融資産とは違い土地やほかの貴金属とともに実物資産として分類されます。有価証券の場合は国や企業など発行体が倒産してしまえば価値がゼロになることがあり得ますが実物資産である土地や金は存在する資源量が限られているため価格が下がることがあっても価値がゼロになることはありません。日本の財政が破綻したとしても金は世界中どこでも取引が可能なため需要が高まりつつあります。

金は運用の主要アセットである株や債券といった有価証券とは違う値動きをするため金融市場の下げをヘッジできる守りの資産としての特徴を持ちます。年金など長期の資金運用での分散投資として適しています。数年前から年金基金が純金市場に参入をしてから日本の投資家や一般の方々の印象が「安全資産」という印象になってきました。このことから純金を買い求める方が増えていき今では田中貴金属の小売価格は10月13日時点で1グラム5083円、三菱マテリアルでは5094円と純金が一般普及されてからの最高値を更新し続けております。

今後の純金価格の動き

純金の今後の動きは右肩上がりだといわれています。しかし短期売買で利益を上げる金融商品ではありません。金価格は急落せずにゆっくりと上昇することから長期保有で利益を狙いつつも株式投資やFXによる短期売買のリスクヘッジとしての役割が大きいです。純金の需要は中国とインドで高まっています。もともと、彼らの純金に対する価値観は欧米諸国や日本よりも高く重要なプレゼントでは純金を施すことが多いです。そこに数年間にわたって経済発展と人口増加がやってきます。すでに富裕層が増えた中国では先進国の投機筋が純金をいくら売っても中国の投機筋が買っていくため金価格はなかなかさがりません。

現在、純金の年間生産量のうち約66%は中国、インドが買っています。2020年ではこの数字が80%以上に伸びていくと予想され、その影響で金価格は急落する可能性が低いです。金甲山では、南アフリカ共和国がシェアの70%を供給してましたが、2000年すぎてから産出量は落ち続け現在は10%以下に下がっています。採掘しやすい場所にある純金は掘りつくしてしまったためです。現在は3000メートル以上の深さまで掘らないと純金がでなくなりました。これでは金価格よりも採掘コストの方が高くなる可能性があり、実質的には純金をとることができません。

そのため、今は中国や米国のほうが純金の産出量としては南アフリカ共和国を上回っています。ただし、これらの国のでもいずれは同じ問題にぶつかりますし、実際に採掘コストが上がり続けています。このように採掘コストが徐々に上がっていくことで自然に金価格も上昇します。例えば「1グラム=3000円」の時は深さ1キロまでは採掘できました、しかしそれ以上の深さは採算が合わないために採掘を一時的にストップすることで供給量をストップします。そのあと金価格が1グラム4000円になったときに今度は深さ3キロまで掘り進むといったことを繰り返しています。純金の需要は中国とインドが買い支えていますが供給量は採掘コストの問題で十分でないため長期的には金価格が上がる仕組みです。

純金は1グラム9,000円に達する予測です

このように中国とインドによる需要の増加、採掘コストの上昇による供給量の減少、長期的な円安トレンドにより国内の金価格は1グラム9000円に達すると予測できます。最終的には9000円上がる予測です。現在の金価格の2倍以上になるのです。つまり2020年、4年後には2倍になっているので100万円現時点で積み立てをしている人は200万、1000万積み立てしている人は2000万円になります。純金積立をこれから始める人もローリスクローリターンではなく、ローリスクミドルリターン、ハイリターンになる可能性があるということです。これが純金積立をしたほうがいい本当の理由です。