FX投資を始めると世界が見える

私は現在39歳のサラリーマンです。貯金の一部である20万円程度を初期投資資金として、FX投資を10年前から始めています。

機械的なロスカットの重要性を学ぶ

裁量取引のFX投資をメインにやっており、かなり大変な経験もしています。やはり一番の体験は、2008年頃にあったリーマンショックです。当時はまだ投資初心者であったため、リーマンショックのことをよく理解しておらず、ドル買いポジションを手仕舞いすることができず、どんどん損益が膨らんでいき、一時は100万円を超えてしまいました。

毎日円高になる相場を見ながら、はっきりいって生きた心地がしませんでした。そして、安易にFX投資を始めてしまったことに対する後悔の日々が続きました。やはりFX投資というのは、素人が安易に手を出すべきものではないと感じました。またFXで勝つためには損切りが必須ですが、初心者は損切がなかなかできないと思いますので、機械的にロスカットを行う設定にしておくことが良いのではないかと思います。

自分の勝ちパターンを作る

現在はインターネットの発達により、一般の人でも、たくさんの情報を手に入れることができるようになりました。そのため、投資などを行うための環境が整っていると思います。あとは、どのような手法で利益を積み上げていくか、そこが大事なのだと思います。つまり自分の勝ちパターンを見つけることが必要なのです。

まずは、リアルマネーを使わないで、いわゆるバーチャル投資のシステムを使って、練習をして見ることが大切だと思います。FXの手法も様々な手法が溢れていますので、いろいろな方法を試してみて、自分にしっくり来る方法を見つけ出すことが良いかもしれません。短期投資、中長期投資、テクニカル手法、ファンダメンタルによる手法など、いろいろとミックスしてやってみると、非常に良いと思います。

「投資」ではなく「世界情勢予測」のつもりでFXを実践する

プロでもなかなか簡単に儲けることができる世界ではないので、楽しみながらやるぐらいのほうがうまくいくかもしれません。いろいろな社会情勢を勉強していくと、FX投資以外にも、いろいろなところで役に立ってくるのではないかと思います。

世界は常に動いており、為替相場も時々刻々と変化していきます。そういった世の中の動きにアンテナを張って、外国為替を売買すると言うのは、ある意味世界を動かしているといえるのかもしれません。株や先物取引と同様、とてもスケールが大きく、面白いものだと思います。

(注目記事)【高利回りな投資をついに実現!】安全に高利回りが期待できる投資教えます
(人気記事)【投資で失敗しない5つのポイント】これを知っているだけで投資の結果が大きく変わる