オルタナティブ投資

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは代替投資ともいわれている投資の手法のことをいい、上場している企業の株式や債券そして為替などのポピュラーな投資先に行なう投資ではなくて、上場している株式や為替の動きに連動しない投資先に分散して投資を行なうことで、株価や為替などの変動リスクを分散して軽減することが出来る投資手法になります。そして個人投資家向けのオルタナティブファンドがあり、JRIETや商品指数連動型ETF などと組み合わせることで、個人の投資家でもオリジナルのオルタナティブ投資を行なうことが出来ます。

オルタナティブ投資の種類

オルタナティブ投資の種類としては、ヘッジファンドや未上場の株式そして商品先物や不動産への投資があり、近年では仮想通貨のビットコインもオルタナティブ投資の対象になりつつあります。
ヘッジファンドは機関投資家や富裕層の個人から資金を集めて、運用先や運用手法の一任を受けて株式や債券などの投資以外にも様々な投資対象に空売りも含め様々な投資手法を行ないながら、収益を挙げることを第一命題として投資を行なっています。

未上場の株式への投資は、企業価値が将来的に上がりそうな企業を探し出して投資を行ない、業績が良くなるなどをして企業価値が上がって株式上場を果たしたり他の企業に買収されることで、所持している株を売却して利益を出す投資になります。そして商品先物市場への投資は、金やプラチナなどの貴金属やトウモロコシや大豆などの穀物そして原油などそれぞれ独自に変動する商品先物市場に投資を行なうことでリスク分散を行なうことが出来ます。

不動産への投資は家賃収入を得たることが出来、転売することで利益を得ることも出来ます。
そして、オルタナティブ投資の投資先として、現金とビットコインの交換レートが安い時にビットコインを購入して、ビットコインの交換レートが高くなったところで売却して利益を上げる投資も行われるようになってきました。

オルタナティブ投資のメリット?デメリット

オルタナティブ投資のメリットは株式や債券などの変動の影響を受け難いので、世界情勢や自然災害などによる株価の下落に影響され難いことにあります。そして不動産やコモディティなどジャンルの違う投資先に投資を行なうことで、それぞれの下落時の影響を分散して軽減することが出来ます。そしてビットコインの場合は国内の自然災害による株価の下落によるリスクや、暮らしている家屋の倒壊などによる現金の喪失リスクを避けることが出来ます。しかし分散して投資を行なうことで安定的に収益を上げられますが、その分収益率は低下しますし、不動産や未上場の株式を購入することで基本的に長期の売買になってしまう場合には、投資している途中に投資先の企業や不動産が倒産するなどのリスクもあります。